ブログ

みこころ鍼灸マッサージ院がお伝えする日常の出来事から身体ののメカニズムまで幅広くお伝えしたいと思います。

ブログ一覧

知床遊覧船の事故を偲ぶ 2022.7.5

 2022年(令和4年)4月23日に北海道斜里郡斜里町で発生した遊覧船「KAZU I」(カズ ワン)が知床半島西海岸沖、オホーツク海域で消息を絶ち、船内浸水後に沈没した。26名もの方が不幸に見舞われ今現在も捜索中という未曾有の海難事故です。

 知床遊覧船のルートはなぜ危険を冒してまでも航行しなければいけなかったのかは航行会社の無責任な運行ばかりで注目されます。しかし、海上からしか見ることができない絶景などの希少価値があることが無理な運航をせざるえない理由も少しは考えられると思います。

 そこで知床半島はどんな絶景なのかは観光案内等の画像では見つけることができますが、海上からをはじめとする様々な絶景の映像はあまりありません。そこでこの度昔の映画ですが知床半島を舞台に繰り広げられた映画を見つけたのでご紹介します。それは寅さんシリーズの中の一話であります。

 1987年夏に公開された「男はつらいよ 知床慕情」本話の紹介では三船敏郎と渥美清という二大スターが24年ぶりに共演した男はつらいよの第38弾。竹下景子が2度目の登場を果たし、三船と淡路恵子の恋物語が描かれる、シリーズ後期屈指の傑作!とあります。舞台では知床の自然を紹介するところがたくさんあり、今は亡き名優を観ることができとても感動しました。そして山田洋次監督の原作脚本はきめ細かな演技を繰り広げられるのはもちろんのことで、いつもの寅さんたちの恋バナ以上に冒頭で紹介したり知床遊覧船の乗客が見たであろう景色を多く垣間見ることができました。

 事故はとても不幸なことでしたが、知床半島の素晴らしさである絶景紀行は継承していくべきと思います。昔の映画を見ることができる方は一度ご覧ください。

 

有木一浩

2022年07月05日

芝桜を見て満喫してきました 2022.5.10

 富士山の周りに富士五湖がありその一つである本栖湖の近くで毎年「富士芝桜祭り」と称し、芝桜のじゅうたんが見ることができます。

 今年はゴールデンウイーク(GW)中に満開となり初めて見に行ってきました。朝6時より開いているので早朝に行ってきましたが、それでも観客はたくさんいらっしゃって大盛況でした。因みに5月5日のこどもの日に行ってきた模様です。

 入場料は1000円必要なのでしっかり元を取るべく楽しみました。

 

院長写真

 

 

院長写真

 

 

院長写真

 

 

院長写真

 

 

院長写真

 

2022年05月10日

ツツジの公園2022 2022.4.30

 昨年の5月にご紹介しました「あつぎつつじの丘公園」はすでに花が散った後でした。そこで今年は満開の時に記録したいと思い本日行ってきました。写真の通りほぼ満開の状況でした。本日はゴールデンウイーク2日目でかつ晴天で気温もちょうど良く、たくさんの家族連れが散策などをされていました。

 ちなみに本日行ってきました「あつぎつつじの丘公園」は神奈川県内最大規模のツツジの名所です。公園内には52,000本のツツジが植栽されています。4月下旬から5月上旬が見ごろということになっておりますが、ゴールデンウイーク明けまでは十分楽しめると思います。

 公共の交通機関を用いて訪れるには少々不便なところではありますが、機会があればぜひお越しになってみてはいかがですか。

 https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/soshiki/koenryokuchika/6/6505.html

 皆さんも小さな幸せを見つけましょう。

 

院長写真
院長写真

 

院長写真

 


有木一浩

2022年04月30日

鯉のぼりが川を埋め尽くしています 2022.4.18

 今年も端午の節句が近づいてきました。それに向けて家庭では鯉のぼりを上げますが、この時期の風物詩で川にロープを張り鯉のぼりを大量に流すことが各地で行われます。流す鯉のぼりは町の皆さんから持ち寄られたものを使用することが多く、わが地区の厚木市においても以下の写真の様に行われております。

 場所は本厚木駅から車で10分ほど北に行ったの恩曽川の温水地区というところで見ることができます。規模は決して大きくはありません。川幅も小さい川です。しかし支流ならではの良さやほのぼのとした雰囲気が感じられます。
 お近くにお住まいの方はご覧になってはいかがでしょうか。

 

院長写真
院長写真

有木一浩

2022年04月18日

ウクライナの首都の呼び方が変わりました  2022.4.2

 ウクライナ政府からの要望もあり、日本政府として「ウクライナ支援及びウクライナとの一層の連帯を示すための行動について幅広く検討」した結果、首都キエフの表記をキーウに改めました。また、首都以外の地名についても、ウクライナ語による読み方に変更したということです。外務省以外の各省庁もこれに合わせた表記をすることになりました。

変更される主な地名は以下の通り。

【変更されるウクライナの地名】
キエフ ⇒キーウ
オデッサ ⇒オデーサ
ドニエプル ⇒ドニプロ
チェルノブイリ⇒チョルノービリ

■【もともとウクライナ語表記だったので変更なし
ハリキウリヴィウマリウポリミコライウザポリッジャ

 

首都の呼び方が変わるなんてあるんですね。チェルノブイリ原発事故などは教科書などもすべて「チョルノービリ原発」と変更しなければいけません。ウクライナ独立後もロシア語読みで続いていたなんてウクライナにとっては失礼な話で、大国のロシアの言うことを聞く世界標準の考え方は何か長いものに巻かれるところが見えますね。

2022年04月02日
» 続きを読む